カート
ユーザー
お買いもの
カテゴリーからさがす
特集からさがす
よみもの
カタカナのお店
【受注製作品】 sonor / ソナー バッグ ARAI_YOKO_MINI 黒 [ katakana別注 ](2か月後の発送)
18,000円(税込19,800円)
購入数

3S-9302023
無題ドキュメント
sonor / ソナー  バッグ


カタカナ別注
ARAI_YOKO_MINI 


ARAI_YOKO_MINI は、sonorさんにリクエストしたカタカナ限定です。

小さなバッグを作って欲しいとデザイナーの園田さんに相談しました。

sonorの代表作ARAI -YOKOの雰囲気をそのままに、 小さな持ち手と横長だけどすこし正方形に近いかたち、
斜めがけも出来る肩ひもとのバランスはさすがです。

大満足のARAI_YOKO_MINIを作っていただきました。 


 

sonor / ソナー  バッグ


持ちやすいシンプルなデザイン


ちょこんとした持ち手とショルダー用の持ち手がついたARAI YOKOのミニサイズ。

やさしい革が美しく生かされたシンプルなデザインです。
レザーの上品さもありながら、やわらかな雰囲気があります。


 

sonor / ソナー  バッグ

レザーとは思えない軽さ


どんなにデザインが気に入っていても、重たいと、使う回数が少なくなってしまいがち…

ですがsonorのバッグは、ピッグスキン(ブタ革)を使用しているので、まるでレザーと思えない軽さ。
なので、長時間肩にかけて歩いても疲れにくいです。 
 

 

sonor / ソナー  バッグ


やさしい革の良さを
生かした自然な風合い


「革本来の良さを生かした自然な風合い」は、sonorのバッグならではの魅力です。

 縫製後、水にさらし、乾燥することで生まれるパリッとした質感が、革の良さをより引き立てます。 

◎やさしい革とは…
東京都墨田区にある「山口産業」さんで作られているやさしい革。
環境負荷を抑えるために、人と自然にやさしい「ラセッテー」なめしの製法で作られています。
また皮の仕入れ先の飼育環境にも注目し、「動物としての幸せ」に配慮した育った原料革を使用しています。
 

 

sonor / ソナー  バッグ


革が育つ楽しみ


革を育てる楽しみが味わえるのも、レザーバッグの醍醐味ですよね。

sonorのバッグは、一般的なレザーバッグと比べ、特に質感の変化が楽しめます。

使うほどに美しいツヤ感が生まれ、ほどよくやわらかくなっていくので、より気持ち良く手に馴染んでいきます。 また色味も深みが増していきます。

◎写真・左(数か月使用) 右(新品)  



 

sonor / ソナー  バッグ

sonor / ソナー  バッグ

sonor / ソナー  バッグ


3通りの持ち方。


短い持ち手とショルダーがついているので、斜め掛けと肩掛け、手持ちの3通りの持ち方で楽しめます。

その日の気分やお洋服に合わせて、変えてみてくださいネ。  


 

sonor / ソナー  バッグ


シンプルな収納


見た目はコンパクトですが、長財布もすっぽり入ります。

内側には、ポケットがついているので、お家の鍵など細かなアイテムもバッグの中で、迷子になりません。  


 

sonor / ソナー  バッグ


見やすく、取り出しやすい


口が大きく開くので、どこになにがあるのか一目で分かりやすく、
取り出したいものがサッと取れるので、気持ち良く使えますよ。
 


sonor / ソナー  バッグ


持ちやすさが考えられた
やさしい持ち手 


ショルダーの縫い合わせ部分は、肩に当たらないよう表側に。

肩に掛けた時にすっと馴染む、持ちやすさが考えられた、やさしいつくりです。
   

 



sonor / ソナー  バッグ


毎日のお出掛けのお供に。


革の上品さと、軽やかなでやわらかな雰囲気を兼ね備えたバッグ。

遊びに行くカジュアルなスタイルにも、ディナーにお気に入りのワンピースを着ていくときも、バッチリ合います。

シーンを問わず、気軽に使えるのが、sonorならでは。

[着用・ARAI_YOKO_MINI 黒 ]

 



sonor / ソナー  バッグ

選べるカラー


落ち着いた色味のカラーバリエーション。

SOMEシリーズは、色の濃淡が美しいチャコールグレー、深みのあるネイビーの2色です。

ARAIシリーズは、経年変化の幅が一番広く楽しめるグレージュ、育った時のツヤ感がより美しく映えるブラックの2色。
 

 

 

sonor / ソナー  バッグ

YOKOシリーズ


YOKOシリーズは、スタンダードのYOKOとカタカナ別注YOKO MINIの2サイズ展開です。

用途に合わせて、お好きなサイズを選んでくださいね。
 

 

 

sonor / ソナー  バッグ

日々に寄り添うsonorのバッグ
【スタッフレビュー】


レザーのバッグにチャレンジしたいけれど、「洋服に合わせるのが大変そう」「手入れが難しそう」「重そう」など さまざまな難点があり、なかなか踏み出せなかった私。

そんなわたしの悩みを見事にクリアしてくれたsonorのバッグに出会ってからは、
レザーバッグを気軽にほぼ毎日使っています。

お仕事の日にも、お休みの日にも、気軽にバッグ持ち歩くようになり、日々sonorさんのバッグの良さを感じています。

これからも、大事に、でも気軽に使っていきたいと思います。  


 

 

sonor / ソナー  バッグ

sonorのバッグは
他にもいろいろ

 
sonorのバッグは、小さめのサイズから大きなサイズ感まで、さまざまな種類の展開です。

カタカナブログでは、用途別にsonorのバッグをご紹介しています。
"どのカタチにするか、迷って決まられない…"方、ぜひ参考にしてみてくださいネ。

▶sonor 「サイズ別オススメバッグ 」はこちら。 

 

 

 

sonor / ソナー  バッグ


革のお手入れに大事なアイテム 


日本最古の靴クリームメーカー ライオン靴クリーム本舗さんとsonorさんが 
革用のメンテナンスローションをつくりました。
 
ツバキオイル配合なので、サラッとしていて、革製品のお手入れに慣れていない方でも使いやすい。 革の保護と艶出しに適しています。

ヒノキと柑橘系の香りを配合しており、 メンテナンスをしながら香りも楽しめますよ。 

▶商品ページ
 

 

 

sonor / ソナー  バッグ

sonorのものづくり

 
sonorは横浜市青葉区美しが丘で、革小物やバッグを中心に展開しているブランドです。

デザイナー兼作り手でもある園田明子さんは、子育てを通じ、環境にやさしく未来につながるモノづくりの大切さを思い、
人と環境に配慮され作られた「やさしい革」を使用したものづくりをしています。


sonor / ソナー  バッグ

もっと知ってほしい
sonorのこと。 

 
カタカナスタッフが、横浜市青葉区美しが丘のsonorのアトリエを訪ねました。

【目次】
,笋気靴こ廚らバッグができるまで
sonorが革作品をつくることになったきっかけ
1震薪なやさしい革の出会い
い箸△觸于颪いら生まれたARAIシリーズ
sonorのチャレンジ

▼取材記事 カタカナのつくり手とはこび手
「sonorとやさしい革編」 「丁寧なものづくり編」



sonor / ソナー  バッグ

山口産業がつくる
「やさしい革」


東京都墨田区にある「山口産業」さんで作られているやさしい革。
環境負荷を抑えるために、人と自然にやさしい「ラセッテー」なめしの製法で作られています。

さまざまな厳しい基準をクリアーし、日本エコレザー基準の認証も受けています。

やさしい革は、赤ちゃんや敏感肌の方も安心して使え、
また再利用した後は土に還すこともできる地球環境に配慮した「未来のための革」なのです。


【ラセッテーなめしについて】

ミモザの枝や幹を粉砕した植物タンニンを使用することで、
従来のクロムを使ってなめした革やその製品と比べ、
自然や人体に有害となる物質が排出されるリスクを最小限にとどめることを実現しました。

そして、ラセッテーなめしは、動物皮の魅力と価値基準を最大限に引き出すことが可能です。
生きていた時の躍動感、しなやかさ、そして繊細かつ強靭な天然皮革の特性を生かす動物皮の本来価値を再現しています。



sonor / ソナー  バッグ

山口産業を訪れました

 
カタカナスタッフが、東京墨田区にある山口産業さんを訪れ、山口産業社長の「やさしい革への想い」、革ができるまでの工程を見学させていただきました。

【目次】
,覆嫉蓋産業は人と環境にやさしい革をつくることになったのか
研究を重ねて完成した「ラセッテー製法」
3廚了兎れ先の「豚の飼育環境」にも注目
ぜ\ぢ紊房け継ぐ「やさしい革」の活動 
ァ崟い、なめし、乾燥」やさしい革ができるまで 
Α岾徊寨茲領匹機廚鮴犬したい想い 

▼取材記事 カタカナのつくり手とはこび手「sonorとやさしい革」
「山口産業 工場見学編 前編」「山口産業 工場見学編 後編」



sonor / ソナー ARAI_TATE

傷も擦れもバッグの個性です


 天然の皮革の為、色や風合い、やわらかさ、光沢感、などが全て異なります。
キズや擦れがついているのも「やさしい革」の特徴です。

一つとして同じものはない、そのバッグだけの個性も魅力の一つとして楽しんでくださいネ。 


【番外編 カタカナ豆知識】
ピッグスキンにあまり馴染みがない方も多いかもしれませんが、実は「日本は、ピッグスキンの世界的な有名な産地」なのです。
特に東京はトップランナーで、豚革を輸出する割合の多くを占めています。意外ですよネ。

そして、山口産業のラセッテーなめしの「やさしい革」の素晴らしさは、世界にも広まり、世界随一のファッションブランド(仏)にも「やさしい革が」使われているのです。




 

 


sonor やさしい革のものづくり



 



商品情報 Information

サイズ

縦 約20.0cm 幅 約27.5cm マチ約5.5cm 肩ひも約107 幅約1.8 ハンドル約17 重さ約245g

※若干の誤差がある場合がございます。何卒ご了承ください。

素材 ピッグスキン 製造 横浜市青葉区美しが丘
備考 一つ一つ作家さんの手作りのため、色の出方、形、大きさに若干の違いがある場合がございます。
ご了承ください。
また素材の特性上、キズ、汚れ、擦れがある場合がございます。

この商品を購入する