-

katakana - カタカナ(日本のカッコイイを集めたお土産屋さん)

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • 日本語
  • English

メールマガジン登録

オンラインストア|ONLINE STORE

  • お買い物ガイド
  • カートを見る
  1. カタカナの目線
  2. わたしのゆたんぽ / きむらさとし (偕成社)

わたしのゆたんぽ / きむらさとし (偕成社)

  • わたしのゆたんぽ / きむらさとし (偕成社)
  • わたしのゆたんぽ / きむらさとし (偕成社)
品番
1S-9302005
商品名
わたしのゆたんぽ / きむらさとし (偕成社)
価格(税抜)
1,200円(税抜)
購入数
UP DOWN

  • ギフトラッピングOK
  • ネコポス配送NG
無題ドキュメント
わたしのゆたんぽ / きむらさとし 


逃げる湯たんぽを追いかけて、なんと宇宙まで!!!

みなさんは湯たんぽを使っていますか? わたしは、使ったことがありません。
小さい頃に家にはあったような気がするのですが、布団の中にいれて一緒に眠った記憶がありません。

お布団大好き!睡眠大好き!な私。 冬の夜、冷たい布団の中に入ってじっとしながらその布団がだんだんと自分の体温で じわじわと温まっていく時間が好きです。

でも「もうどうしても眠い!横になったらすぐに寝れる!」というときに冷たいお布団はいやなので 「湯たんぽがあったらなぁ。使ってみようかなぁ」と思うのですが、なかなか一歩踏み出せずにいます。
それは、なぜかわたしから毛布が逃げていくから。 掛け布団はそのままなのに、なぜか毛布だけは逃げているのです。 そのせいで、夜中に寒くて目が覚め、毛布を引き戻して眠るのですが、いつの間にかまた逃げられて…を繰り返しています。
決して寝相が悪い方ではないと思うのですが、なぜか逃げられる。 そうなると、湯たんぽにも逃げられてしまうのではないか…と思ってしまうのです。

この絵本は逃げる湯たんぽを追いかけて、なんと宇宙まで!!! 逃げる湯たんぽも、追いかける“わたし”の足も頑張ります。
宇宙にはちょっと行ってみたいような気もするので、この冬は湯たんぽデビューをしてみようと思います。

まずは、湯たんぽと仲良くなるために、湯たんぽにかけてあげるカバーを用意するところから。 おすすめの湯たんぽや使い方があったら教えてください。  


絵と詩を持ち歩いてみませんか。
katakana週末絵本館ではたくさんの絵本をご紹介しています。
お子様はもちろん、大人の方も楽しめる絵本たち。
子どもの頃読んだ絵本でも、大人になってから改めて読むと新しい発見があったり、
優しい絵柄を見ているだけで、なんだかほっこりした気持ちになれます。

1日の始まりに、ちょっと一息ついた時に、寝る前に。
絵本が素敵な世界に連れて行ってくれますよ。

週末絵本館が素敵な絵本との出会いのきっかけになりますように。
ブログはこちらです→

 

商品情報 Information

サイズ

18.0×20.0cm 47ページ

※若干の誤差がある場合がございます。何卒ご了承ください。

素材
備考 店頭にでているもののため、中身は新品ですが、カバーにクセやキズがついている場合がございます。ご了承くださいませ。